機器は 確認して購入しましょう(オークションの注意)
最近の例
1.Technics SE−A7000. 3台目
2.McIntosh MC275. 7台目
完動品、動作品、点検済み、チェツク済み、オーバーホール、メンテナンス済み
等の言葉は範囲が広く適切では有りません。 お互いで十分確認し合、気持ちよく取引しましょう。
又、機器を整備したのは何処か(誰か?)も注意しましょう、人により個人差がかなり有ります。
特にその結果は何により確認したか?、人間の耳か? 測定機器(ピンキリがある)はも注意しましょう。
相手の自己紹介欄に、個人情報(会社情報)が記入していない場合は要注意です。
実働品、動作確認済みでも「ノークレーム、ノーリターン、ジャンク」の記述があるのは信用できない。
1.「点検済み、チェツク済み、オーバーホール済、修理・調整済み」ならば下記の値を聞くこと
  A.メインAMPのRLチャネルのDCバランス調整の数値は幾つ。
  B.終段Tランジスターのアイドル電流値は。
  C.フラットAMPの調整値は。
  D.EQ(イコライザー)AMPの調整値は。
  E.定格出力で30分以上使用でプロテクトが働かないこと。
  F.Muting、Hight、Lowのフィルタ−の減衰値は。
  G.トーンコントロ−ルのUP/Down値は。
  H.交換した部品は何か。
    特に、TR(トランジスター)、FET(電界トランジスター)を交換した場合特性が狂います、よって測定機器が必要です。
  I. 回路図が有りますか?、測定機器は何をお持ちですか?
    但し、回路図、測定機器が揃っていても、肝心の技量が無くては、「ネコに小判」ですが?
  J.小生の補足。
    修理・調整済みで、理由も無く、安のものは注意。
    本人が完璧に修理・調整しても、プロが見れば、不十分なのもある。
    1次元に住む者には、2次元の広さ(面積)は解らないし、
    2次元に住む者には、3次元の高さ(容積)は解らない事と同じです

    無論、売る人本人に自覚無いのだから、購入者が注意する以外にない。
    又、自己紹介欄に何も記述の無い者が、オーバーホール、メンテナンスしました等、言っても信用できない
    良く記述されている、「スピーカーセレクター部リレー研磨」は素人の行うこと、プロは必ず交換します。
    理由はそんなことするより、交換した方が安いし早い、電流の熱で、金属が疲労しているので、そんな事ぐらいでは、
    治らない。
    最近多いのが、点検済み、動作確認済みなのに、「ノーリターン・ノークレム」
    ノーリターン・ノークレム=ジャンクとみる事。
  K.TR(トランジスター)やFET(電解トランジスター)を交換した場合、その部品は製造メーカーからの提供品か?
    半動体は同じ品番でも、非常にバラツキが大きく、性能に影響する。 製造メーカー以外からの入手した、同じ品番でも、
    完成後に測定機器で点検しないと、只、音が出ているに過ぎない。
    特に、プリAMPはこの傾向が著しい、歪み率0.00*%の世界は非常に厳しい。
    「QUAD 34」 「PRA−2000ZR」 「PRA1000B」 「SYλ−88U」
  本人が完璧に修理・調整しても、プロが見れば、不十分なのもある
<例1> Musical Fidelity P270 で寄生発振をしている     「このAMPの修理はこちら」 
  片側が動作していないか 又は、飽和している    「このAMPの修理はこちら」 
<例2> HMA−9500mkU 出力が出ていない     「このAMPの修理はこちら」 
2.特に注意するのがTR(トランジスター)やFET(電界トランジスター)を交換した機種
古い機種は使用されていた品番がなく、現在入手できる互換品に置き換えますが、半導体は同じ品番でも、ランクがあり、置き換えには、十分な配慮が必要です。 下記の様に直線部分は狭いのです、動作点をこのセンターに持ってくるのが理想です。
よって、修理後は、歪み率の測定等が、必修です。歪みが多い場合、バイアス位置調整が必要です。
言い換えると、交換すると下記の動作点が、ズレて、定格出力(最大出力)の時に、大きく歪むことに成ります。
よって、測定は定格出力(最大出力)での結果が、重要です。 100WのAMPを5Wで測定しても、意味がありません。
下記は、プリ・メインAMPの歪み率を測定している。 写真では最大出力の物ですが、小出力から連続して確認しています。
      「このAMPの修理はこちら」 
更に、高級プリAMPでは低歪み率を、周波数をスイープして測定している。 「このAMPの修理はこちら」
日立HMA−9500に使用された物=100W出力で4パラ=片側1個使用、使用管理が悪いとご覧の通り
「このAMPの修理はこちら」
山水 BA−3000に使用された物 左=電源用 右=100W出力で2パラにて使用。  「このAMPの修理はこちら」
2.メーカー修理・調整済み
  「メーカー」これも、その機器製造メーカーから、自分まで、幅広い意味を持つ
  又、何時出したかも重要、3ヶ月以内でないと無意味な記述
2.「完動品、動作品」ならば下記の事を確認しましょう
  A.30分以上使用して、AUX入力にして、メインボリュウムを最小にして、RL共ノイズが無いか
    メインボリュウムを最大にして、RL共ノイズが無いか
  B.30分以上使用して、PHONO入力にして、メインボリュウムを最小にして、RL共ノイズが無いか
    メインボリュウムを最大にして、RL共ノイズが無いか
  C.イコライザ−、フイルタ−は動作するか、
    ボリュウム、スッイチ類を動かしたとき「ガリ」音が出るか?
    特にメインボリュウムを最大にして、入力切替えスッイチを切替えてプロテクトが動作するか?
  D.PHONO入力は使用していたか?
  E.定格出力で30分以上使用でプロテクトが働かないこと
    入力機器にもよるが、CD等をAUX入力に繋ぎ、メインボリュウムで80%位の所。
    普通の家庭ででは、近所迷惑になり、殆ど不可能(凝違SPでも無い限り)
    100W出力のAMPを1Wで動作させても完動品
 オーディオ店で「委託品のメーカー修理品」を購入した!    「このAMPの修理はこちら」
 オークションで購入 フューズが規定の5倍    「このAMPの修理はこちら」
 オークションで購入 フューズが規定の3倍    「このAMPの修理はこちら」
3.FMチューナでステレオ表示ランプ切れの場合
  是も、本人の自覚の差で、ランプ切れでなく、ステレオ受信出来ない場合が多いい。
4.真空管の場合
  新しいのに交換したので、売ります。バイアスにバラツキ有り、ペアー(PP)で使用出来きませんが、
  シングルなら使用できます
  PPで使用できなければ、シングルでも使用できない、よって高価で購入しない事。 「真空管・真空管AMP点検参照」
5.「ジャンク」=「ゴミ」=「故障品」
  ジャンクとは、ゴミ、よって故障品であると有意味です。
  まぎらはしいのが、「ジャンク扱い」、しかしジャンクなのだから、それなりの覚悟で購入すること。
  ジャンク品を簡単な故障と思わせる                       「このAMPの修理はこちら」
   終段TR(トランジスター)が短絡し、フューズが飛んで、電源が入らないAMP。
   オークションでこのままで売ると安いので、
   基板の電源供給線を外し、”電源を入れると「カチ」と音がしますが、出力しません”とすると高く売れる。
6.段々と出力を上げていきましょう
  履歴の解らないAMPは、長い間通電していないのが、あります。少しずつ、パワーをあげましょう。
  出来れば、通電だけを短く、間隔を置き、繰り返すのも良いです。
  少しずつコンデンサー等を目ざめさせましょう。
  電解コンデンサーは「有限寿命部品」です、保管や使用状態により、寿命がきている場合が、多々あります。
   ここ見てください=コンデンサーの劣化  
7.過去の修理履歴に見る例
      山水 AU−X11         山水 AU−11000      GAS THAEDRA    SAE A1001
小生は特定の、HPを指摘して、言うわけでは有りません。
落札者(修理依頼者)が、あまりに小生にぐちを言うので、指針を示しました。
        Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.   平成27年6月1日最終校正
ここに掲載された写真は、肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。