HIWATT L100修理記録
平成18年5月14日到着   平成19年1月8日完成
A. 修理前の状況
  •  オーバーホール修理
     
B. 原因
  • 抵抗断線
    半田不良

C. 修理状況
  • US・MT管ソケット交換
    電解コンデンサー交換
    配線手直し、補強
    整流ダイオード交換
    高圧電解コンデンサー増量


D. 使用部品
  • USソケット                          4個
    MTソケット                          4個
    整流ダイオード                       5個
    電解コンデンサー                      8個


E. 調整・測定


F. 修理費    85,000円     お馴染み様価格=3台目より、オーバーホール修理。
                          但し、真空管は別途です。

A. 修理前の状況
A1. 修理前点検中 後から見る
A2. 修理前点検中 上から見る
A2A. 修理前点検中  USソケット比較
A2B. 修理前点検中  MTソケット比較
A3. 修理前点検中 下から見る
A4. 修理前点検中 出力トランスは交換されている
C. 修理状況
C1A. 修理前 電源基板。 EL-34(6CA7)が固定バイアスのバージョン。
C1B. 修理後  電源基板、電解コンデンサー4個、半固定VR1個、整流ダイオード5個交換
C1D. 修理前  電源基板裏
C1E. 修理(半田補正)後  電源基板裏
C1F. 完成電源基板裏、洗浄後
C2A. 修理前、 EL-34(6CA7)終段基板
C2B. 修理前、 EL-34(6CA7)終段基板、USソケット4個交換
C2B1. 完成EL-34(6CA7)終段基板、洗浄後
C2C. 修理前、 EL-34(6CA7)終段基板裏
C2C1. 修理中、 EL-34(6CA7)終段基板裏、プレート回路の配線、もう少し丸く半田をする
C2D. 修理(半田補正)後  EL-34(6CA7)終段基板裏
C2E. 完成EL-34(6CA7)終段基板裏、洗浄後
C3A. 修理前 プリAMP基板
C3A1. 修理中 プリAMP基板、初段のMT9ピンソケット、袴はアースに接続されていない
                      ギターからの入力レベルは高いので不要
C3A2. 修理中 プリAMP基板、交換するMT9ピンソケットの足が太い
C3A3. 修理中 プリAMP基板、MT9ピンソケットの足穴の加工が必要
C3B. 修理後  プリAMP基板
C3B1. 完成プリAMP基板、洗浄後
C3C. 修理前 プリAMP基板裏
C3C1. 修理中 プリAMP基板裏、電解コンデンサーの極性が全て逆(反対)!
C3D. 修理(半田補正)後 プリAMP基板裏 
C3E. 完成プリAMP基板裏、洗浄後
C5. 交換した部品
C6A. 修理前 上から見る
C6B. 修理後 下から見る
C6C. 修理前 下から見る
C6D. 修理後 下から見る
C7A. 修理中 高圧電解コンデンサーの頭が露出している。この所には250Vの電圧がでる。
C7B. 修理後 高圧電解コンデンサーの頭に牛乳パックの紙で絶縁する。
E. 測定・調整
E1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下左オーデオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定
   下中オシロ=入力波形(オーデオ発振器のTTLレベル)   下右上=周波数計
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
E2A. LEAD入力、29V=105W出力 30%歪み 1000HZ。
                           デイストーションを使用しているので歪み多い、この音が特色(人気の秘密)!
E2B. LEAD入力、29V=105W出力 30%歪み 400HZ
E3A. RHYTHM入力、29V=105W出力 10%歪み 1000HZ
E3B. RHYTHM入力、29V=105W出力 10%歪み 400HZ
E4.完成  24時間エージング
                        hiwatt-l12
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2009 Amp Repair Studio All right reserved.