国洋 VG-4G-N 真空管試験機備品修理記録
A. 修理前の状況
  • 平成27年11月、YAHOOオークションにて157,680円(消費税込)で購入。

B. 点検・調整・清掃状況

H. ヒーター電圧の安定度(レギュレーション)測定

E. 12AX7と12AU7測定

F. 高Gm管のGm測定

C. 修理状況
D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                         個。
    整流ダイオード                           個。
    フェライトビーズ                          個。
    電源コード

A. 修理前の状況
A1. 点検中 前から見る
A2. 点検中 真空管挿入部見る
A3. 点検中 前右から見る
A4. 点検中 前右から見る。 外部測定・入力端子。
A5. 点検中 前左から見る。
A6. 点検中 前左から見る、調整VR。動かした形跡無?
A7. 点検中 後から見る
A8. 点検中 後から見る。 電源ケーブル取り付け。 銘板もビス止め。
A9. 点検中 後パネルを取り見る。
AA. 点検中 後パネルを取り見る。 GM測定の心臓部の発振器(10kHz)とメーター駆動用増幅器。
AB. 点検中 下から見る
AC. 点検中 下パネルを取り下から見る。
AD. 点検中 下パネルを取り下前から見る。
AE. 点検中 プレート、第2グリッド用電源トランス。 450V/02A。
AF. 点検中 トランス1次側、プレート電圧調整用スライダック。
AG. 点検中 第2グリッド用電圧調整用VR。 最大電圧=プレート電圧。
AH. 点検中 ヒーター用電源トランス。 1.25〜2.5V=5A、 〜6.3V=3.8A、 〜19V=1A、 〜50V=0.3A
AI. 点検中 トランス1次側、ヒーター用電圧調整用VR。
AJ. 点検中 真空管ソケット裏。
AK. 点検中 真空管ソケット裏、双極3極管用ソケット裏。 こちらにはパラスチック発振止め用コイル無?
AL. 点検中 パラスチック発振止め用コイル郡。
AM. 点検中 基板端子受けソケット、青い線がヒーター電圧用。
AN. 点検中 基板端子、青い線がヒーター電圧用。
AO. 点検中 外部測定・入力端子裏。 電極固定ナットが2ケ所緩んでいる!
AP. 点検中 スタッド端子の固定忘れ!
B. 点検・調整・清掃状況
B11. ヒータ電圧=1.25V電圧の調整。
B12. ヒータ電圧=1.4V電圧の調整。
B13. ヒータ電圧=2.0V電圧の調整。
B14. ヒータ電圧=2.5V電圧の調整。
B15. ヒータ電圧=3.15V電圧の調整。
B16. ヒータ電圧=4.2V電圧の調整。
B17. ヒータ電圧=4.8V電圧の調整。
B18. ヒータ電圧=5.0V電圧の調整。
B19. ヒータ電圧=6.3V電圧の調整。
B1A. ヒータ電圧=8V電圧の調整。
B1B. ヒータ電圧=9V電圧の調整。
B1C. ヒータ電圧=12.6V電圧の調整。
B1D. ヒータ電圧=16V電圧の調整。
B1E. ヒータ電圧=19V電圧の調整。
B1F. ヒータ電圧=25V電圧の調整。
B1G. 修理後. ヒータ電圧=35V電圧の調整。
B1H. 修理後. ヒータ電圧=50V電圧の調整。
B21. 第1グリッド電圧(BiasVolt)=−50V電圧の調整(−100Vレンジ)。
B22. 第1グリッド電圧(BiasVolt)=−25V電圧の調整(−50Vレンジ)。
B23. 第1グリッド電圧(BiasVolt)=−10V電圧の調整(−20Vレンジ)。
B24. 第1グリッド電圧(BiasVolt)=−2.5V電圧の調整(−5Vレンジ)。
B25. 第1グリッド電圧(BiasVolt)=+5V電圧の調整(+10Vレンジ)。
B31. 第2グリッド電圧=122V電圧の調整(EP=500VレンジでEP=250V)。
B32. 第2グリッド電圧=50V電圧の調整(EP=200VレンジでEP=125Vレンジ)。
B33. 第2グリッド電圧=12V電圧の調整(EP=50VレンジでEP=25Vレンジ)。
B41. プレート電圧=250電圧の調整(EP=500Vレンジ)
B42. プレート電圧=100電圧の調整(EP=200Vレンジ)
B43. プレート電圧=25電圧の調整(EP=50Vレンジ)
B51. GmRange40m_mho SignalVolt=3.13mV
B52. GmRange16m_mho SignalVolt=7.80mV
B53. GmRange8m_mho SignalVolt=15.62mV
B54. GmRange4m_mho SignalVolt=31.17mV
B55. GmRange1.6m_mho SignalVolt=77.7mV
B56. GmRange0.8m_mho SignalVolt=155.6mV
B57. SignalVolt周波数測定=9.828kHz
B61.バラック修理。 プレート回路と第1グリッド電圧整流回路に電解コンデンサー追加
B62. プレート電圧リップル波形、プレート電流=10.5mA。リップル電圧は1/10。
H. ヒーター電圧の安定度(レギュレーション)測定
H11. 整流管83。 ヒーター電圧=5V、ヒーター電流=3A。
     本体電圧計=5V供給。 ソケット電圧計=4.370V。
H12. 整流管83。
     本体電圧計=+10%越で供給。 ソケット電圧計=5.001V。
H21. 電力増幅管KT88。 ヒーター電圧=6.3V、ヒーター電流=1.6A。
     本体電圧計=6.3V供給。 ソケット電圧計=6.04V。
H22. 電力増幅管KT88。
     本体電圧計=+5%で供給。 ソケット電圧計=6.3V。
H31. 電力増幅管EL34。 ヒーター電圧=6.3V、ヒーター電流=1.5A。
     本体電圧計=6.3V供給。 ソケット電圧計=6.05V。
H32. 電力増幅管EL34。
     本体電圧計=+4%で供給。 ソケット電圧計=6.3V。
H41. 電力増幅管6L6。 ヒーター電圧=6.3V、ヒーター電流=0.9A。
     本体電圧計=6.3V供給。 ソケット電圧計=6.18V。
H42. 電力増幅管6L6。
     本体電圧計=+2%で供給。 ソケット電圧計=6.3V。
H5. 増幅管6267 ヒーター電圧=6.3V、ヒーター電流=0.2A。
     本体電圧計=6.3V供給。 ソケット電圧計=6.3V。
E.  12AX7と12AU7測定
E1.真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目...5本目.6本目、12AU7。
       真空管ハンドブック(規格表)の、
       12AX7(ECC83)相互コンダクタンス=1600μmho「Ep=250V、Ip=1.2mA、Eg1=−2V」。
       12AU7(ECC82)相互コンダクタンス=2200μmho「Ep=250V、Ip=10.5mA、Eg1=−8.5V」。
1960/1962/1964/1966ナショナル真空管ハンドブック、1995オーディオ用真空管マニアル、60/62/69東芝電子管ハンドブック、1962日立電子管ハンドブック、1965/1971全日本真空管マニュアル、RC15/19/26/27/28/29/30 Receiving Tube Manual、1966/実用真空管ハンドブック、1995世界の真空管カタログより。
真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目...5本目.6本目、12AU7。
E11. 1本目「12AX7」 ユニット1。 Gm測定=1700μmho、IP=0.45mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E12. 1本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=1300μmho、IP=0.38mA。
E21. 2本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1000μmho、IP=0.36mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E22. 2本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=1000μmho、IP=0.38mA。
E31. 3本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1200μmho、IP=0.38mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E32. 3本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=1600μmho、IP=0.44mA。
E41. 4本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1100μmho、IP=0.36mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E42. 4本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2900μmho、IP=1.30mA。
E51. 5本目 12AX7 ユニット1。 Gm測定=1200μmho、IP=0.38mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E52. 5本目 12AX7 ユニット2。 Gm測定=1300μmho、IP=0.38mA。
E61. 6本目 12AX7 ユニット1。 Gm測定=1200μmho、IP=0.38mA。
                     測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=4000μmho
E62. 6本目 12AX7 ユニット2。 Gm測定=1500μmho、IP=0.45mA。
E71. 真空管「12AU7」1本目ユニット1測定。 Gm=2500μmho、Ip=13.85mA。
                  測定条件、「Ep=250V、Eg1=−8.5V」、 Cレンジ=6000μmhoレンジでの測定。
E72. 真空管「12AU7」1本目ユニット2測定。 Gm=2400μmho、Ip=9.99mA。
G. 最近の真空管のGm測定
G1. electro−harmonix12AT7EHの測定。左から1本目、2本目。
真空管ハンドブック(規格表)の相互コンダクタンス=6000μmho「Ep=250V、Eg1=−12V、Ip=10mA」
1960/1962/1964/1966ナショナル真空管ハンドブック、1995オーディオ用真空管マニアル、60/62/69東芝電子管ハンドブック、1962日立電子管ハンドブック、1965/1971全日本真空管マニュアル、RC15/19/26/27/28/29/30 Receiving Tube Manual、1966/実用真空管ハンドブック、1995世界の真空管カタログより。
G11. 「12AT7EH−1本目」ユニット1測定。 Gm測定=6000μmho、IP=0.45V/50Ω=9mA。
        測定条件「Ep=250V、Eg1(Rk=200Ω)」。 Cレンジ=7500μmhoレンジでの測定。
G12. 「12AT7EH−1本目」ユニット2測定。 Gm測定=6750μmho、IP=0.475V/50Ω=9.5mA。
        測定条件「Ep=250V、Eg1(Rk=200Ω)」。 Cレンジ=7500μmhoレンジでの測定。
測定電源は安定化電源を使用し、AC100V 60Hzで行う。
C. 修理状況。
CP1.
 プレート電圧、グリット電圧の改善。 整流ダイオード交換
CH. ヒーター電圧の安定度(レギュレーション)の改善。
     ヒ−ター供給配線が2ヶの基板端子を経由しているのでこれを改善。
     ヒーター電圧測定メーターの配線位置を真空管電極選択端子の所へ接続する。
CP. パラスチック発振止め対策の改善。
     コイルでは抵抗値が大きすぎるので、ビーズ挿入にする。
                      vg-4g-n_2e
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.