QUAD 405. 12台目修理記録
同時修理 QUAD 44. 8台目。       平成23年7月23日到着   9月9日完成
A. 修理前の状況
  • 購入してからいままでメンテをしたことがありません。 コンセントをつなぐとやはり「ボン」という音がします。


T. 修理前点検測定

B. 原因

  • 経年劣化
C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換
    OP−AMP交換
    半田補正作業
    終段TR(トランジスター)交換
    SP端子交換

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                             10個
    OP−AMP                                 2個
    中古終段TR(トランジスター)                      4個
    SP端子                                2組4個

E. 調整・測定

F. 修理費              90,000円  オーバーホール修理

S. QUAD 405 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A13. 点検中 前右から見る
A14. 点検中 右から見る
A15. 点検中 後から見る
A16. 点検中 後左から見る
A17. 点検中 左から見る
A18. 点検中 上から見る
A19. 点検中 上蓋を取り、上から見る
A21. 点検中 下から見る、 2ケ所、内部から押され膨らんだ所あり。
A212. 点検中 下蓋裏のビス跡
A213. 点検中 下蓋の足、放熱の為にも交換したい。
A214. 点検中 商標拡大
A22. 点検中 下前から見る
A23. 点検中 下前左から見る
A24. 点検中 下後から見る
A25. 点検中 下後右から見る
A26. 点検中 下蓋を取り、下から見る
A27. 点検中 左AMPのシリコングリスから出たオイル分?
A31. 点検中 電解コンデンサー比較 左=古いのは63V/10000μ、 右=使用するのは71V/18000μ
A32. 点検中 SP接続端子の交換
A33. 点検中 交換する終段TR(トランジスター)
T. 修理前点検測定
T1. 出力・歪み率測定。
    「見方」。
   上段中央オーディオアナライザ VP−7723B=R側測定。LED表示は右から、「歪み率」、「SP出力電圧」、「周波数」。
   下段中央オーディオアナライザ VP−7723B=L側測定。LED表示は右から、「歪み率」、「SP出力電圧」、「周波数」。
   上段右端オシロ TDS−2024=R側出力波形表示。(交流電圧が5V以上の場合1/10のATTが入ります)。
   下段右端オシロ TDS−2024=L側出力波形表示。(交流電圧が5V以上の場合1/10のATTが入ります)。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。
測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
T21. R側SP出力電圧21V=55W出力 1.4%歪み 100Hz入力。
     L側SP出力電圧20V=50W出力 2.9%歪み 100Hz入力。
T22. R側SP出力電圧20V=50W出力 0.8%歪み 500Hz入力。
     L側SP出力電圧20V=50W出力 2.0%歪み 500Hz入力。
T23. R側SP出力電圧21V=55W出力 1.5%歪み 1kHz入力。
     L側SP出力電圧21V=55W出力 2.7%歪み 1kHz入力。
T24. R側SP出力電圧20V=50W出力 0.5%歪み 5kHz入力。
     L側SP出力電圧20V=50W出力 1.1%歪み 5kHz入力。
T24. R側SP出力電圧20V=50W出力 2.4%歪み 10kHz入力。
     L側SP出力電圧20V=50W出力 2.5%歪み 10kHz入力。
C. 修理状況
C11. 修理前 R側AMP基板
C12. 修理後 R側AMP基板 TR(トランジスター)2個、電解コンデンサー6個、OP−AMP交換。
C13. 修理前 R側AMP基板裏
C14. 修理(半田補正)後 R側AMP基板裏 全半田やり直し
C15. 完成R側AMP基板裏 洗浄後
C21. 修理前 L側AMP基板。
C22. 修理後 L側AMP基板 TR(トランジスター)2個、電解コンデンサー6個、OP−AMP交換。
C23. 修理前 L側AMP基板裏
C24. 修理(半田補正)後 L側AMP基板裏 全半田やり直し
C25. 完成L側AMP基板裏 洗浄後
C31. 修理前 下から見る、 下蓋膨らみ。
C32. 修理後 下蓋膨らみを打ち出し、テープ跡を取り、足を交換する。
C41. 修理前 SP端子+入力端子
C42. 修理後 SP端子
C7. 交換部品
C81. 修理前 上から見る
C82. 修理後 上から見る
C83. 修理前 下から見る
C84. 修理後 下から見る
C85. 修理前 後から見る
C86. 修理後 後から見る
E. 調整・測定
E1. 出力、歪み調整・測定 電源電圧は100Vにて測定
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.005%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.007%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.008%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.008%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. R側SP出力電圧30V=113W出力、 0.01%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.01%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. R側SP出力電圧30V=113W出力、 0.02%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.02%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. R側SP出力電圧30V=113W出力、 0.04%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.06%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. R側SP出力電圧30V=113W出力、 0.06%歪み、 10kHZ。
     L側SP出力電圧30V=113W出力、 0.07%歪み、 10kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. R側SP出力電圧19V=45W出力、 0.08%歪み、 50kHZ。
     L側SP出力電圧19V=45W出力、 0.09%歪み、 50kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
     仕様の通りこのあたりからフイルターが入り減衰する(約3dB)。
E28. R側SP出力電圧5V=3W出力、 0.08%歪み、 100kHZ。
     L側SP出力電圧5V=3W出力、 0.09%歪み、 100kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
     フイルターが入り減衰する(約6dB)。
T3. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
E4. 24時間エージング、 上は同時修理 QUAD 44. 8台目
S. QUAD 405 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 ステレオパワーアンプ 405
両チャンネルを同時に駆動した場合の値です。
出力及び歪率(8Ω負荷、サイン波入力) 100Hz、100W出力時、0.01%以下
1kHz、100W出力時、0.01%以下
10kHz、100W出力時、0.05%以下
出力内部インピーダンス 0.03Ωと直列に3.3μH
オフセット電圧 7mV以下
周波数特性(1kHz基準) 低域=20Hzにて-1dB
高域=20Hzにて-0.1dB、50kHzにて-3dB
入力感度 0.5Vrms+−0.5dB(8Ω負荷、120W出力時)
入力インピーダンス 20kΩ(220pF)
スルーレート 0.1V/μs
最大入力限度 入力信号が+20dBまでなら瞬時に復帰します。
クロストーク(1kΩの入力負荷時) 80dB(100Hz)、70dB(1kHz)、60dB(10kHz)
SN比 -96dB(A補正時)、-93dB(補正なし)
パワーリミッター 50W/8Ω負荷時の制限
電源入力 100〜130V、200〜250V、50-60Hz
消費電力は信号レベルにより30〜350W。
外形寸法 幅340.5×高さ115×奥行195mm
プラグ及びソケットの分38mmを含む。
重量 9kg
価格 198,000円
                       qu405-c1i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.