レコードプレーヤー修理に付いて
レコードプレーヤーは回転物を持つ機械です。
モーターやタンテーブルは高速で回転機構が重要です。
電気的な故障の原因が機械的な部分にある場合、電気的修理をしても、当然再発します。
製造から30年も経てば、オイルやグリスも劣化するのが当然です、こちらの交換が必然です。
T1.機械的負荷増を電気的に処理した例。 Technics SP−10mkV. 5台目
   本来は基板に装填された定電圧ICを放熱器に移動して固定している。
T2.機械的負荷増を電気的に処理した例。 Technics SP−10mkV. 8台目
   本来は基板に装填された定電圧ICを放熱器に移動して固定している。
T3.機械的負荷増を電気的に処理した例。 Technics SP−10mkV. 14台目
   本来は基板に装填された定電圧ICを放熱器に移動して固定している。
T4.機械的負荷増を電気的に処理した例。 Technics SP−10mkV. 15台目
   本来は基板に装填された定電圧ICを放熱器に移動して固定している。
M1.機械的負荷が増し、モーター駆動ICが焼損した例。MICRO SEIKI SX-8000U. 2台目
   モーター軸受けやタンテーブル軸受けに回転機構負荷が増すと、モーター駆動回路に、過負荷保護は無いので、IC焼損になる。
M2.機械的負荷が増し、モーター駆動ICが焼損した例。MICRO SEIKI SX-8000U. 3台目
   モーター軸受けやタンテーブル軸受けに回転機構負荷が増すと、モーター駆動回路に、過負荷保護は無いので、IC焼損になる。
M3.機械的負荷が増し、モーター駆動ICが焼損した例。MICRO SEIKI RY−5500U 11台目
   モーター軸受けやタンテーブル軸受けに回転機構負荷が増すと、モーター駆動回路に、過負荷保護は無いので、IC焼損になる。
M4.機械的負荷が増し、モーター駆動ICが焼損した例。MICRO SEIKI RY−5500U 12台目
   モーター軸受けやタンテーブル軸受けに回転機構負荷が増すと、モーター駆動回路に、過負荷保護は無いので、IC焼損になる。
           平成29年1月13日最終校 rec-
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2017 Amp Repair Studio All right reserved.