FFT画面の見方。
A. 基本的な見方。
B. MOSFET(電解トランジスター)使用 「Lo−d HMA-9500mkU」の測定。
C. 縦型FET(電解トランジスター)使用 「YAMAHA B−1」の測定。
D. TR(トランジスター)使用 「LUXMAN L550X」の測定。
E. 3極真空管「50CA10」 使用 「LUXMAN SQ−38FD」の測定。
F. ビーム真空管「KT−88」 使用 「McIntosh MC−275」の測定。
A1. 下記の様な装置で、人為的に作りました。
  • 「上段左端=基本波発振器=1kHz」+「下段左端=高調波発振器=2kHz」+「下段中=高調波発振器=3kHz」
    +「下段右端=高調波発振器=5kHz」 を混合し「上段中=Audio Analyzer(VP−7723B)」に入れます。
  • 「上段中=Audio Analyzer(VP−7723B)」の基本波除去出力を「上段右端(オシロのFFT分析使用)」で表示。
    よって、「オシロのFFT分析」は、「Audio Analyzer(VP−7723B)」のレンジにより、出力が変化します。
A2. 「上段左端=基本波発振器=1kHz」+「下段左端=高調波発振器=2kHz」+「下段中=高調波発振器=3kHz」
    +「下段右端=高調波発振器=5kHz」 混合入力の場合。 
A3. 「上段左端=基本波発振器=1kHz」+「下段左端=高調波発振器=3kHz」+「下段中=高調波発振器=5kHz」
    +「下段右端=高調波発振器=7kHz」 混合入力の場合。 
A4.  「上段左端=基本波発振器=1kHz」+「下段左端=高調波発振器=2kHz」 混合入力の場合。
A5. 「上段左端=基本波発振器=1kHz」の場合。 歪み率が低くなると、雑音成分が表れて来ます。
注意
Audio Analyzer(VP−7723B)各信号の大きさを表す、縦軸のレベルは、ひずみ率の大きさで、下記の様に、自動的に、変わります。
よって、上の写真の”「02」の(ひずみ率=0.3%)”と”「03」の(3%)”では、各高調波のレベルは比較出来ません。
同じ理由で、上の写真の”「04」の(ひずみ率=0.1%)”と”「05」の(0.0025%)”では、各高調波のレベルは比較出来ません。
Audio Analyzer(VP−7723B)のひずみ率測定レンジ(マニアルより)。
  • 5レンジ= 31.6%(−10.00dB)
  • 4レンジ= 10.00%(−20.00dB)
  • 3レンジ= 1.000%(−40.00dB)
  • 2レンジ= 0.1000%(−60.00dB)
  • 1レンジ= 0.01.000%(−80.00dB) 詳しくはこちらを参照。
カーソルの周波数は、基本波の周波数(測定周波数)で変わります。
  • 測定周波数、      X1=左カーソル、  X2=右カーソル。
  • 「50Hz、100Hz」    500Hz、        1kHz。
  • 「500Hz、1kHz」    2.5kHz、       10kHz。
  • 「5kHz、10kHz」     25kHz、       100kHz。
  • 「50kHz、100kHz」  100kHz、       500kHz。
B. MOSFET(電解トランジスター)使用の「Lo−d HMA-9500mkU. 50台目」の測定。
   5極(ビーム)真空管の特性を良く表しています
B2. 100Hz入力、R側SP出力電圧31V=120W出力、 0.0061%歪み。
               L側SP出力電圧32V=128W出力、 0.0062%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
              他の高調波に比べ、3倍の高調波「300Hz」が強く出ています。
B3. 1kHz入力、R側SP出力電圧32V=128W出力、 0.010%歪み。
             L側SP出力電圧32V=128W出力、 0.0099%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
             他の高調波に比べ、3倍の高調波「3kHz」が強く出ています。
B4. 10kHz入力、R側SP出力電圧31V=120W出力、 0.017%歪み。
               L側SP出力電圧31V=120W出力、 0.016%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
              他の高調波に比べ、3倍の高調波「30kHzが強く出ています。
C. 縦型FET(電解トランジスター)使用の「YAMAHA B−1. 8台目」の測定。
C2. 100Hz入力、R側SP出力電圧39V=190W出力 0.014%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力 0.016%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
              他の高調波に比べ、3倍の高調波「300Hz」が少し強く出ています。
C3. 1kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力 0.020%歪み。
              L側SP出力電圧40V=200W出力 0.023%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
             他の高調波に比べ、3倍の高調波「3kHzが少し強く出ています。
C4. 10kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力 0.079%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力 0.080%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
              他の高調波に比べ、3倍の高調波「30kHzが強く出ています。
D. TR(トランジスター)使用 「LUXMAN L550X」の測定。
E22. 「DAT_100Hz入力、R側SP出力電圧20V=50W出力、 0.0196%歪み。
                    L側SP出力電圧20V=50W出力、 0.0186%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
                  他の高調波に比べ、3倍の高調波「300Hzが強く出ています。
E24. 「DAT_1kHz入力、R側SP出力電圧20V=50W出力、 0.02%歪み。
                   L側SP出力電圧20V=50W出力、 0.0197%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
                 他の高調波に比べ、3倍の高調波「3kHzが強く出ています。
E26. 「DAT_10kHz入力、R側SP出力電圧20V=50W出力、 0.02%歪み。
                   L側SP出力電圧20V=50W出力、 0.0196%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
                  他の高調波に比べ、3倍の高調波「30kHzが強く出ています。
E. 3極真空管「50CA10」 使用 「LUXMAN SQ−38FD. 5台目」の測定。
E2. AUX_100Hz入力、R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.59%歪み。
                    L側SP出力電圧17V=36W出力、 0.67%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E3. AUX_1kHz入力、R側SP出力電圧17V=36W出力、 0.43%歪み。
                  L側SP出力電圧17V=36W出力、 0.43%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E4. AUX_10kHz入力、R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.87%歪み。
                   L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.88%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
                  他の高調波に比べ、3倍の高調波「30kHzが少し強く出ています。
F. ビーム真空管「KT−88」 使用 「McIntosh MC−275. 6台目」の測定。
E22. 100Hz入力、R側SP出力電圧26V=84.5W出力 0.55%歪み。
               L側SP出力電圧26V=84.5W出力 0.57%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E24. 1kHz入力、R側SP出力電圧26V=84.5W出力 0.50%歪み。
              L側SP出力電圧26V=84.5W出力 0.50%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E26. 10kHz入力、R側SP出力電圧27V=91W出力 0.42%歪み。
               L側SP出力電圧27V=91W出力 0.42%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
       2016/10/27 最終校正。 test-5
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2016 Amp Repair Studio All right reserved.